[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

会社辞めた

休息

 5月12日会社を辞めた。今までこのホームページでは公開していなかったが、静岡県浜松市にあるアルモニコス(http://www.armonicos.co.jp/)というCADメーカーに勤めていた。勤めて僅か2年というスピード退社だ(お別れ会をしてくれてありがとう)。

辞めた理由はいくつかあるが、ショートレンジな物としては、ちょっとゆっくりしたいってのがある。大学に入学してから今までずっと「この業界立ち止まったら負けだ」と自分に言い聞かせつづけ、走りつづけてきた。それに対して、ちょっと息切れをしたってところだ。や、もっとはっきり言えば、実も心もボロボロになって身動きができなくなったからだ。昔の俺が言う立ち止まった負け犬だ。でも、今の俺はもっと安らかだ。

空が青い。

 まぶしい太陽。清々しい目覚め、美味い飯、心地よい深い眠り。こんな身近なところにも幸せは転がっている。自分の周りだけ時が止まっている。実際のところ週休6日制だ。もちろん、お金の問題はある。超お金持ちの御曹司ではない俺は、もちろん収入源は自分の腕だけだ。本当は一人暮らしはコストがかかるから実家の名古屋へ帰ろうかとも思ったが、ビッグになるために家を出たのに錦を飾らずに故郷へは帰れない。俺に残った僅かなプライドがそれを止めた。まぁ、何だかんだ言っても、今までハードに稼いだので当分は週休6日制でも生きていける。再び自分の中にエネルギーが充満し発火するまで、このままいようと思う。それが3ヶ月なのか、半年なのか1年なのかは今の俺には分からない。

 思えば学生時代も、よくスランプに陥っていた。1年に1〜2回はスランプに陥って、それまで何かに追われるようにプログラムを書いたり技術書を読んでいたのに、急に何もできなくなる。2〜3週間するとまた走り出す。そのときも体に限界が来ていたのかもしれない。

アルモニコス

 アルモニコスの入社の最終面接のとき、俺は重役に対して「2年で辞める」と言っている。「辞めて会社を興す」と言っている。だから今辞めたのはある意味計画通りでもある。

(最終面接の会議室)
俺:「2年で辞めます。辞めて会社を興します。」
人事:「じゃぁ、どうして入社するのですか?」
俺:「社会勉強のためです。」
(重役、人事一同失笑)
社長:「2年後には辞めたくなくなるかもしれないよ」
常務:「アルモニコスを卒業して、次のステップに行くのも良いでしょう」

(その後、内定)

 イカス!2年で辞めるといっている人間を雇い、更に本人の幸せを考えてくれている。こんな懐のデカイ会社はあるだろうか。俺はその日に内定をもらい、次の日には学校内推薦をもらっていたNTTデータ通信の面接で「落としてください」と言っていた。
 アルモニコスは本当にすばらしい会社だと思う。俺はアルモニコスがイヤで辞めたのではない。年俸はいいし、高いオフィスにバカ広い個人ブース、最高のマシンに、完全週休2日制。さらに上司や同僚は、すばらしくインテリジェンスでスマートでタフ。実際、東大、京大卒、院卒がずらり。本当に、これだけ高いCADの技術を持った会社は日本にどれだけあるのだろうかと思うほどだ。もし、これを読んでいるあなたがCADの開発を依頼したいと思っているならアルモニコスに依頼するといい。きっと立派なものが納品されるであろう(値段は高いけど)。そして、あなたが学生で、かつ高い技術力を持っているならアルモニコスに就職するといいだろう。辞める最後の日まで手厚く迎えてくれたアルモニコスへの感謝の気持ちでいっぱいだ。


[かみやんのたわごとへ戻る]