[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

Linuxインストール

RedHatLinux

 Windows2000の調子が悪い。マウスを動かすとときどきハングアップする。GeForce256のドライバをOFFにして、VGAで使っていると落ちないところを見るとWindows2000とGeForce256のドライバのどちらかが悪いようだ。VGAの16色の画面を見ているととても切ないので、Linuxを入れてみた。LinuxMagagineを買ってきてFTP版(無料版)のRedHatLinux6.2をインストールした。昔、486DX2(66MHz)のDOS/Vマシンを買ったとき以来のLinux再挑戦だ。そのときは、グラフィックカードが対応していなかったために、VGAでしか使えなく、すぐにアンインストールした。今回は、そのときよりずっとインストールは楽だった。やっぱり、有料のディストリビューションの影響は大きい。あと、Linux向けの雑誌がいくつも出ているのがいい。とりあえず、LinuxMagagineとLinuxJapanとTechLinuxと買ってみた。久しぶりに、UNIXを勉強していると結構わくわくするもんだ(このワクワクはすぐ終わるだろうな)。あと、デスクトップ環境ができているのは大きい。GNOMEとかKDEとかってやつだ。これのおかげで大分、操作性が統一されている。

 Linuxのインストールに際して、Windows2000のパーティションを1つ空けたのだが、そのとき、大事なExcelファイルを消してしまった。あわてて、ノートンユーティリティを買いに走ったが、なんと、ノートンさんはWindows95/98用ではないか。仕方がないので、インターネットを巡って、どっかのUndeleteとかいうソフトを見つけた(体験版で無料)。おかげで、復活。NTでもやっぱり復活できるのね。一部復活できないファイルがあったけど、WindowsCEにExcelファイルをコピーしてあったから大丈夫。ふぅ。OSのインストールのときは、いつも大事なファイルを間違えて消しちゃうんだよね。皆さん、疲れているときにOSのインストールはやめましょう。

 (といいつつ、このページはWindows2000のFrontPage98で書いている。ぐた。)

フレッツISDN

 やっと、浜松もフレッツISDNが7/25に開通した。もちろん、速攻契約ed。ISDNの電話基本料金3000円ぐらい+フレッツISDN4500円+プロバイダ代で、常時接続だ。感想は、やっぱ常時接続はいい。が、やっぱり64kって遅いよなー。もっと速くならなないかなー。人間の欲求は果てしない。。

 しかし、田舎ほど回線が細いって時代に入ってきたね。NTTも競争時代に入って、NTT法で規制されているユニバーサルサービス(全国均一サービス)の撤廃が近そう。インターネットがあれば田舎にいても仕事ができるって5年ぐらい前は言っていたような気がしたのだが。。。ちなみに家の近くで常時接続と言えばフレッツISDN以外に選択の余地がない。浜松はとても住みやすくて名古屋より気に入っているが、この先ネットのサービスによっては引越しをしないといかんかも。


[かみやんのたわごとへ戻る]