[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

eMbedded Visual Tools

 予定通り、プイっと大阪から帰ってきた。いつもの店でたこやきを買って新幹線の中で食べるのが習慣だ。やっぱり、大阪のたこやきはうまい。しかも、安い。

 そういや、eMbedded Visual Toolsが届いた。これは、マイクロソフトのWindowsCE HPC/HPC Pro/PalmSizePC/PocketPCの開発キットで3ヶ月ほど前にマイクロソフトのホームページから注文した。予定より遥かに遅れたので、マイクロソフトに騙されたかと思ったが、やっと届いた。わずか$14(おそらく、CD-ROM代とShipping代のみ)。これは、なんとWindowsCE用にカスタマイズされたVisualC++とVisualBasicが付属するのだ。eMbedded Visual Toolsがリリースされる前は、開発機材として、PC+ WindowsNT+ VisualC++ +WindowsCE用のAddonが必要だった。しかも、Addonは3.5万円ほどもする。VisualC++7万円と足すと10万円ほども、開発機材代がかかっていた。Palmがgccで開発できるのとは大違いだ。Palmでは、仕様を出きるだけ公開したため有志による開発キットができあがったのだ。OSは、アプリケーションあってのOS。それを踏まえた当然の戦略だ。マイクロソフトは、妥当Palmのため、開発者を増やすためにWindowsCEの開発キットを無料化したのだ(無料とは言っても、インストールに必要なディスクスペースが700Mなため、ダウンロードはできないようになっており、CD-ROM代の実費は必要となっている)。これは、いかにマイクロソフトがPocketPCに力をいれているかの現れである。PocketPCの部署とVisualC++,VisualBasicの部署が違うため、一般には、社内であってもライセンス料を払い部署ごとに独立採算制にするはずである。 VisualC++を無料で提供するということは、PocketPCが全社的なプロジェクトであることが伺える。

 が、しかし、PocketPCの先行きは芳しくない。WindowsCEがリリースされたころより話題にならないし、サードパーティーのハードウェアメーカーもつかない。当然、ソフトウェアメーカーもつかない。まさに負のスパイラルに陥っている。俺が、PalmのソフトはリリースしてもWindowsCEのソフトをリリースしていなかった理由はまさに開発キットの高さによる。マイクロソフトは、初代のWindowsCEから開発キットを無料にしてPalmを追撃するべきだったのだ。俺も、開発キットの無料化をずっと待ち望んでいた。でも、もう手遅れのようにみえる。この先、WindowsCEの行方はソフトを追加できないような閉じたPDAやSetTopBox、携帯電話に利用される程度だろう。このような使われ方の代表はPocketPostPetだ。これは、WindowsCEを搭載しながらパソコンとのインターフェースを持たず、ファイルシステムもユーザに見せないシステムになっている。

 というわけで、早速eMbedded Visual ToolsをWindows2000にインストールしたのだが、実はこいつのインストールのためにハードディスクを空けるときに、先日書いた重要なExcelファイルを消してしまったのだ。くそ。で、取りあえず、HPC ProとPalmSizePCとPocketPCのエミュレータを動かしてみたり、ドキュメントを読んだりしてみた。が、結局今は時間がないし、ペイできないソフトを書く気力がなくなっているのでそのまま保留〜。WindowsCEの情勢がもう少しよくなってパイが増えればまた何かつくるとしよう。

WorkPad vs MobileGearII

 以前のたわごとにも書いたが、俺はWorkPadとモバイルギアを持っている。ほぼ同時に買ったのだが、最初の半年はWorkPadばかりを使っていた。ソフトの動作が速いからというのが、理由だ。が、ここ10ヶ月ぐらいはモバギ一色。ずっとモバギと一緒。モバギ大好きって感じ(ドワンゴのたあぼも、きっと愛用しているに違いない。日経TRANDYに載っていた写真には、意味もなくスタイラスをもつR-530らしきモバギを持つたあぼが写っている)。ちなみに、この文章も名古屋の地下鉄の中と帰りの新幹線の中で書いている。結局、俺にはキーボードのないPDAは向かないということだ。あと、Palmのかな漢字変換はバカすぎる(ATOK for Palmで少しはマシになるか?)。スケジュール帳、会議の議事録、JRの乗り換え案内、辞書などはWindowsCEを使っている。使っているソフトは、OyajinAppointment(スケジュール帳),WZ Editor,PocketExcel,JRトラベルナビゲータ,DTONIC辞書,WZ Mailだ。余分なソフトはもういらない。

 まもなく、浜松。家に帰ったらアップロードしよう。本当は、新幹線の中でケータイでアップロードがかっこいいのかもしれないが、2日間の出張でモバギのバッテリーは持ってもケータイのバッテリーが切れかかっている。ぐた。


[かみやんのたわごとへ戻る]