[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

2002/8/25 セスナ体験!

 プレイステーション2のJETでGO!2をやって以来、物理計算がまともじゃねぇ!!といいつつ航空力学の本を読んで、自分でフライトシミュレータを作り始めて、物理計算がなかなか数字が合わない。。。こうなったらセスナに乗るしか!!というわけで、早速インターネットで「遊覧飛行 セスナ」で検索。ハワイやグアムでは、体験操縦をさせてくれるらしいが日本ではどうも、乗っているだけの遊覧飛行しかやっていないらしい(法律があるのかな)。しかたがないので、「遊覧飛行 名古屋」で検索して、「中日本航空」という会社が遊覧飛行をしているらしいので早速、電話をして聞いてみた。昼間のフライトが2人で18,000円ぐらい。夜は、36,000円ぐらい。うーん、2人で36,000円は払えない。。。という訳で週末に名古屋空港へ行ってきた。

 ちなみに、航空力学の本の数字はほぼ暗記してから行った。セスナ172は全幅11m、全長8m、離陸速度60knots(112km/h)、巡航速度100knots(187km/h)、失速速度51knots(95km/h)、フラップON時失速速度46knots(86km/h)などなど。完全にここ1週間ぐらいで飛行機マニア。

 名古屋空港についたらもうワクワク!写真撮りまくり!遊覧飛行は、約30分のフライト。わずか30分で名古屋空港から名古屋港まで往復できるのだからやっぱり飛行機は速い。

 下の写真は、右クリックして保存すると拡大されます(手抜き)。写真をまとめてダウンロードしたい人はこちら


名古屋空港へ出発だー!出発前の俺。わくわくわくわく!

車で20分ほど。名古屋空港到着。早速金網越しに撮影。ジャンボ用プッシュバック(飛行機をバックさせる)用の車(写真中央)と階段の車(写真左)発見。(正式にはなんていう車なんだろ)

名古屋空港の国内線と国際線の間に中日本航空の建物がある。空港の国際線の駐車場に止めてしまって歩いたが、中日本航空ビル前に駐車場あるじゃん。ぐた。

名古屋空港の上空から。を、JETでGO!であった通りの図だ。ちなみにこれは自分の乗ったセスナからの写真ではなくて、中日本航空に貼ってあった写真。

やったぜ。空港敷地内に入ったー。ここはタキシング(地上滑走)エリア。遠くにジェット機(B-777かな?)が見える。

を、これが自分が乗るセスナ172か。よく見るとスポット(駐車)エリアにタイヤを置く位置の印が書いてある。とてもいい天気!!

まずは、離陸前にセスナと1ショット。ドアに中日本航空と書いてある。主翼の高さは丁度頭の高さになっているようだ。

搭乗。軽自動車よりも狭い室内。セスナ172は4人乗り。だけど4人乗ると燃料を満タンに積めない重さ。自分は後部座席右に座った。まずはセスナ右方向のショット。

次は、左方向のショット。右にも左にもセスナが並んでいる。

計器類。フライトシミュレータを作るには必須の画像。左上が対気速度計(40knots以下は計測できない)、その右が水平儀、その右が高度計(20feetぐらいを指している)。下の段左がターンコーディネータ(どのぐらい横に傾いているかと、横滑りの量がわかる)、その右が方位、その右が昇降計。パイロットはフラップ(揚力増幅舵)を操作している。

滑走路横で、ジャンボが飛び立つのを待ち、管制塔から許可が入り、滑走路へ。加速中ー。揚力が増えてくると左右に不安定になる。操縦難しそう〜。フライトシミュレータでは離陸は超簡単だが。滑走路はほぼ南北(340度)で、北向きに加速中ー。

予習どおり、Vr 60knots(112km/h)(ローテンション速度(機首上げ速度))で離陸。浮いた浮いたよー。手前の芝生はまだ滑走路。左方向ショット。

離陸後の名古屋空港。左後ろ向きショット。セスナは西向き。

南北に続く高速道路。41号線(空港線)。遠くにラシーン城北が見える。セスナ南西向き。左方向ショット。

セスナのギア(足)は固定なのでずっと見える。わーお、結構揺れるな。セスナは。がくんがくん落ちたりあがったり。セスナ右下方向ショット。

セスナ北区の団地群がみえる。遠くにタワーズ(名古屋駅)も見える。南向き。右前方ショット。

栄上空。テレビ塔とセントラルパークが見える。遠くにタワーズ。昼間みるとテレビ塔は地味で見つけにくいな。セスナ南向き。右方向ショット。

セントラルパーク南端。矢場町付近。西に続く道は都市高速道路。若宮大通。セスナ南向き。右方向ショット。

セスナの後ろ方向ショット。セスナは360度見渡せるように窓がついている。後ろ方向の絵もフライトシミュレータを作るのに必要だよな。

手前に伏見のヒルトンホテル。奥にタワーズが見える。セスナ南西向き。右方向ショット。

セスナ左へ急旋回中。左方向ショット。が、計器をみるとこれでも30度のバンク。

セスナ南向き。パイロットからの視点。写真だからプロペラが写っているが実際にはこんな風にプロペラは見えない。もうすぐ名古屋港だ。

金山上空か。手前に堀川。奥に線路(名鉄か)、その手前に工場跡地の空き地がみえる。
セスナ南向き。右方向ショット。

を、港が見えてきた。セスナ南向き。右前方ショット。

港区上空。左が道路(国道1号線か)、右が線路(名鉄か)。南北には堀川。堀川にはクルーザが止まっている。セスナ南向き。右方向ショット。

港区上空。奥に南北に走っているのが高速道路。知多半島道路。その手前に名古屋市体育館レインボーホール。手前に線路が見える。セスナ南向き。左方向ショット。

名古屋港到着。ポートビルが見える。セスナ南向き。右前方ショット。

港を越えたところ。港にある遊園地(なんていうんだ?)の観覧車が見える。

名古屋港から遊覧船で遊びにいったブルーボネット(ガーデニングの公園)だ。セスナ南西向き。右方向ショット。

名古屋のベイブリッジ。名港中央大橋。セスナ南向き。右前方ショット。

さすがトヨタのお膝元。大量の輸出用の車。何千台あるのやら。セスナ南向き。左方向ショット。

名港中央大橋を越えたら、もう引き返す。セスナは北へ旋回中。セスナ西向き。右方向ショット。

北へ進路を変えたらもうタワーズがみえる。はぇぇ。タワーズへ向けてGO!

タワーズ裏。手前が太閤通り口。セスナ北向き。右前方ショット。

名古屋駅表。名古屋駅名物のぐるぐるうずまきは、大名古屋ビルヂングに隠れて見えないな。セスナ東向き。右方向ショット。

自分の会社が見えるはず。と思って撮ったショット。トライデントコンピュータ専門学校と新明小学校、うりずんは写っているがうちの会社は写っていなかった。大原簿記専門学校の陰になってしまった。セスナ東向き。右後方ショット。

名古屋といえば名古屋城。名古屋駅からはすぐ。セスナ北向き。左方向ショット。

名古屋空港へ戻ってきた。奥にみえるのが空港。セスナ北向き。

空港の西から東へ飛行し、滑走路の前で北へ旋回。もうすぐ滑走路の真正面だ。セスナ北向き。

滑走路の正面到着。アプローチランプ(進入灯)は白2つ、赤2つ光っている。丁度よい高度という意味だ。

34と書かれている。ベストショット。34は方位340度の意味。北が36、東9、南が18、西が27。名古屋空港は滑走路が1本なので滑走路34しかない(逆から進入するときは滑走路16だが)。上空では110knots(205km/h)ぐらいで飛んでいたが、60knots(112km/h)ぐらいまで減速。揚力がなくなって、フワフワ浮かんでいる感じ。左右に揺れる。アプローチランプは赤4つになっている。低すぎるという意味だ(ジェット機用のランプなのでセスナの場合、赤4つでも低くないのかも)

ふー。生きて帰ってきました。駐機終了。ギア(足)の下に輪留めを置いて最後の確認をするパイロットのおじさん。

正面から撮影。30分のフライト終了ー。楽しかった。
 デジカメPowerShotA5、80万画素はやっぱりもう古いな。1日で結局90枚の写真を撮ったのだが、メモリを8Mしか持っていかなかったので、画質低で撮影した。今見るとやっぱり劣化しているな。
 フライトの後は、国際線ロビーの喫茶店で抹茶パフェをくいながらジャンボジェットみて帰った。次は、夜景かなー(36,000円はたけぇ)。

※2年ぶりのたわごとfrom PC。会社興してから時間がずっとなかったので。やっと一息か。


[かみやんのたわごとへ戻る]