[かみやんのたわごとのホームページに戻る]


97/06/29 六角大王に挑戦!

counter
URViewという六角ビューアを作っているかみやんだが、絵心がないから六角は使えなかったんだ。だけど、とうふやさんの六角講座を読んだらピンときた。ずーっと昔から六角は知っていたが、あれは斜めから見た絵を2D画面に描くと自動的に3D化されるというのが売りで、みんなそういう使い方をしていると思っていたんだ。でも、違うんだね。こった絵を描くには、やはり正面図、側面図、上面図をみながら作るんだねぇ。
六角での顔1 で、さっそく描いてみました。どう?初めてにしてはうまいでしょう?おおざっぱな形は3時間ぐらいでできました。なんか、ずーっと使えなくって指をくわえてみていただけに自分でも顔が作れるんで、超うれしーです。さぁ、俺が作るから君も作れ!
六角での顔2 六角でのモデリングのコツは

  1. 既に存在する点や線の上に、点を作成するときは、斜めからのビューにせよ
    これは、平行投影図では、手前の点(または線)か奥の点(または線)のどちらの上に 作成されるかわからないからである。
  2. 逆に、宙に浮いた点を作成するときは、正面図または側面図、上面図(以下、平行投影図と略す)にせよ
    宙に浮いた点を作成するときは、透視図では奥行きがわからないからである。
  3. 点を動かすときは、平行投影図にせよ
    点を動かすときに透視図ではどっち向きに点が移動するか予測がつかないからである。
  4. クリックする前に、マウスカーソルの形状を確認せよ
    点の上、線の上、面の上としたにあるオブジェクトによりマウスカーソルの形状が 変化するので、これを確認してからクリックするよい。
  5. こまめにセーブすること
    六角は、ときどき落ちるのでこまめにセーブしたほうが良い。オブジェクトを 削除するときに落ちることが多いらしいので、削除前毎にセーブしたほうが 良いだろう。

うーん、本当はこの顔の作成過程を記録しておけば良かったのだが、うまく作れると思わなかったから撮ってなかったのだ。そのうちやるね。ちなみに、モデルは遠藤久美子さんです(わかるわけねー(笑))。
URViewでレンダリングした顔
次に、URViewでレンダリングしてみると、こんな感じになりました。ぐぇ〜、カメラの広角率が違うから変だしぃ、シェーディングがしっかりしているから、しわの多いおやじになってるぅ(涙)。

URViewでグローシェーディングした顔
ふぅ、グローだとちょっとマシだね。
trueSpaceでレンダリングした顔
最後に、trueSpaceでレンダリングしてみました。
今回は、この辺で。次は、髪の毛だなぁ〜。どうやってつくるんだろう???


[かみやんのたわごとのホームページに戻る]