[かみやんのたわごとのホームページに戻る]


97/07/09 ヴァーチャルアイドルRK97開発開始!

counter  

麗華全身像 麗華顔
麗華顔(正面)

sPatchって知ってるかな?アメリカ人(たぶん)が作った、自由曲面を使ってモデリングするモデラだ。とりあえず、ここにあるから、ダウンロードすべし。なんと、フリーソフトと来たもんだ。
俺は、sPatchを使うのは始めて(っていうか自由曲面系のモデラも初めて)だったけど、これが、めちゃめちゃ使いやすい(ちょっとは、不満もあるが)。上の絵は、もちろん俺がsPatchで描いた物だ、初めてでこれだけの物が作れてしまって自分でも驚きだ(ただし、それなりの情熱は必要だ)。彼女の名は「鏡島麗華(かがしまれいか)」、略してカガレイ、OSはRK97、神無月理南に追いつけ追い越せでがんばります(あぁ、でもリナちゃんの方がかわいいなぁ)。では、さっそくチュートリアルと行こう。

チュートリアル 基本操作

線を引く
まず、ツールバーの「点追加」を選択し、点追加モードにする(この選択は、死ぬほど多く使うから、マウスで選択せずにショートカットキーのAキーを使って選択する)。次に、左ドラッグで線を引く(ドラッグ開始が始点、ドラッグ終了が終点だ)。線を引き終わると、なぜか「点追加モード」から「点移動モード」へ戻ってしまう、だから、また点を追加するときは、Aキーで「点追加モード」にしよう。
線を延長する
線を点を増やして延長する場合は、「点追加モード」にし、線の端点で、ドラッグ開始する。このとき、端点より線の外側をクリックしないと駄目だ。内側だと、線上に点が追加されてしまうからだ。これは、微妙なマウス裁きが必要で、よく失敗する。失敗したら、すかさずCtrl+ZでUNDOだ。
線を点につなぐ
線を点につなぐときは、「点追加モード」か「点移動モード」でドラッグ中に、点の近くで右クリックでつながる。「かちっ」と音が鳴るはずだ。
線を削除する
線を間違った点につないでしまったら、削除したい線につながった点を選択し、TABキーを押す。数回押して削除したい線が選択されたらツールバーの線削除コマンドをクリックする。
面を張る
面を張るには、3角形か4角形を描けば、自動的に張られる。逆に、それ以上の角数では、面が張られないから注意。ちなみに、sPatchでは面をパッチという(って言うか一般的にも使われるが)。
点の移動
後は、点の位置を微調整すればOKだ。「点移動モード」のショートカットキーはTキーだ。これも良く使うから覚えておこう。

ちょっとレベルアップ

基本操作は、これだけだ。後は、たまに使うコマンドとかだ。

複数選択
複数選択には、いくつかやり方がある。「点移動モード」でCtrlを押しながら、左クリックすると、非選択の点は選択になる。他の方法は、「グループ選択モード」を使う方法だ。「グループ選択モード」のショートカットキーはGキーだ、これも覚えておこう。あと、すべて選択のCtrl+Aキー。あと、すごく便利なときがあるのが、「接続された点の選択コマンド」だ、これは、1つ点を選択しておいて「接続された点の選択コマンド」を押すと、その点につながった点がすべて選択される、あるパーツを選択するときは非常に有効だ。ショートカットキーはCキーだ。なお、複数選択後は「点移動モード」でクリックしても選択は解除されない、Enterキーを押して選択を解除を明示しなければならない。
辺を角張らせる

上の図は、円筒を描こうとしたものであるが、辺が丸まってしまっている、このように辺を角張らせたい場合がある。そんな時は、角張らせたい点を選択し、「辺を角張らせるコマンド」をクリックしよう。すると、

のように点につながった辺はすべて角張ってしまう。特定の辺だけを角張らせたい場合は、TABキーを使って角張らせたい線を選択しておいてから、「辺を角張らせるコマンド」を押せばOKだ。

「辺を角張らせるコマンド」の逆で「辺を丸めるコマンド」もあるので、これも覚えておこう。

もっともっとレベルアップ

選択範囲を隠す&レイヤー
パッチが多くなってくると選択を誤ったり、描画が遅くなる、そこで選択範囲を隠すやレイヤー機能があるので適宜使おう。
こまめにセーブ
sPatchも完璧なソフトではない、たまに落ちるのでこまめにセーブはしておこう。特に、複雑な点の削除や、大量の点のCopy&Pasteなどで落ちるようだ。俺はこまめにセーブしていたつもりだが、手をモデリングしたあとに落ちたため2度、手をモデリングするはめになった、くれぐれも注意。
しわをなくす
自由曲面系のモデラでついて回るのが「しわ」である。しわを作らないためには、「1つの点には4つの線まで、しかも直行するように」、「パッチは3角形ではなく、4角形を使う」という2点を守る必要がある。逆に、しわを付けたい場合はこれを利用すると良い。これが、結構難しいんだよね、かなり慣れが必要です。

さぁ、いよいよ実習だ

さぁ、いよいよ実習だ、題材は、もちろんヴァーチャルアイドルだ。

顔を描く

顔のモデリングは、正面図から描く、なんだかスパイダーマンのようだが気にしない。ただし、左の図は、初めてsPatchを使ったため、「しわ」について考えていなかった。だから、三角形や、1つの点にたくさんの線がつながっている。図のラインをそのまま真似しないように。結局、立体化したときに、しわを消すように線のつなぎ方を変更した。まだ、この段階であまりパッチを増やさない方がいいだろう。点の選択ミスが増えるし、いびつな形になるだけだから。
顔を立体化する

顔の輪郭を後ろに下げて立体化する。少しづづ、パッチが増えているのが分かるだろうか。あと、しわを取るためラインを修正してある。
唇を作る
 

唇を作ったところだ。上唇に3本、下唇に3本、内口に2本の横線が入っているのが、分かるだろうか。
後頭部、首、肩を作る

後は、適当にパッチを引っ張って後頭部、首、肩をつくるだけだ。これは、とくに難しくない。ちなみに、後頭部の上の方は、あとで髪を付ける予定なので、パッチは張らなかった。この辺は、あなたの自由です。
体を作る

体を作る。体は、円筒の集まりなので、とりあえず正面図から縦線をたくさん引き(もちろん、引く本数や、点の数を考えて)、側面図から位置を調整し、透視図で、輪を描くという手順で作る。上図は、輪を描く直前の状態である。ちなみに、胴は6点で輪、腕、足は4点で輪にしている。このように、少ない点で作るのがポイントである。
手を作る

手を作る。手も、円筒の集まりなので体と同様に作る、しかし、手は左右対称なので片手を作ってコピーして、反転させるのは言うまでもない。上図では、すでに指が曲がっているが、最初は手を開いた状態で作り、「複数選択+回転」で曲げている。また、上図は「選択範囲を隠す」機能で、手以外を見えなくしている。ちなみに、レンダリング画像を見れば分かるが、手の甲に走る骨をわざと「しわ」を利用して表現している(ちょっとオーバーだが)。また、指は第一関節は省略した。どっちにしろ、手なんて最終的なレンダリングでは、小さくて気にならないだろうという思惑からである(今となっては、もっと奇麗に仕上げたいと思っているが)。
耳をつけ、髪を作る

今ごろ、耳を作っている、最初の予定では、髪がショートヘヤーで耳が隠れる予定だったが、手元にあった写真が耳を出しているので急遽、耳と髪を作る(本当はショートが好きなんだけどな)。耳は、もうちょっとパッチを増やしてリアルにすれば良かったと思っている。髪は、別レイヤーで作った、こうするとレイヤーごとに表示非表示ができるため、別の髪型を作り表示を切り替えるということができるからだ。ここまで、作って来たキミには、耳も髪も屁でもないはずだ。
目を入れる

晴龍点眼(字あってるのか?)。やはり、目は最後に入れるべきだろう。球は、プリミティブとしてsPatchに入っているので挿入するだけだ。ただ、位置はめちゃめちゃ微妙だから、めいっぱい拡大して調整すべし。ちなみに、目も別レイヤーにしてみた。
服を着せる

さすがに裸じゃ公開できないので、服を着せました。服は、入門者にぴったりの肩なしのワンピースにしました。もちろん、服も別レイヤーにしました。髪型同様、着せ替えができるからね。

ついに完成!!!!!!

大体、ここまで作るのに、2日かかりました。慣れれば、もっと速く作れるのだろうか。次は、色塗り、テクスチャかな。うーん、ツールがないなぁ。この先どうなるのか。。。
それより、このホームページを作るのに疲れました。ふぅ。というわけで、何か作ったよとか、3DCG野郎の方や、3DCGの情報ならこのページとか、連絡ちょうだい。
かみやんkamiyan2@gmail.com

麗華全身像 麗華顔
麗華顔(正面)

[かみやんのたわごとのホームページに戻る]