[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

高機能モデラ Rhino

 今日は、高機能モデラRhinoを使ってみた。Rhinoをダウンロードしたい方は、http://www.rhino3d.com/から。Rhinoは、将来、パッケージソフト(?)として$900(日本円で12万円ぐらいか)ぐらいで発売される予定の3Dモデラだ。でも、今のところβ版を無料で配布しているので、発売されるまでは安心して使って良いようだ。ちなみに、俺はRhinoを一年ほどまえにもダウンロードしたことがあったが、その時もβ版だった、かなり開発に時間がかかっているようだ。あと、1.7MbyteほどのPDFファイルのチュートリアルも置いてあるのであわせてダウンロードすると良いだろう。俺はとりあえずチュートリアルはほとんど読んだ。

 Rhinoは、sPatchと対照的で、すごくCADに近い。っていうかCADと言ってもいいだろう。そしてCADで最近はやっているソリッドモデルも対応している。人体のような柔軟なオブジェクトを作るよりも、きっちりした産業製品のデザインに向いているだろう。しかし、RhinoのホームページにあるCGギャラリーには人体や生物も載っているので慣れれば問題ないのかもしれない。逆に言えば、sPatchでは、到底作成できないきっちりしたオブジェクトも作れるし、軟体も作れるということになる。

 Rhinoは、基本的にNURBSモデラだ。他のモデラとの互換のために一応ポリゴンメッシュも対応しているが、NURBSオブジェクトを一旦メッシュオブジェクトに変換してしまうと、Rhinoのほとんどの機能が使えなくなる。基本的なモデリングの手順としては、曲線を描いて、サーフェースに変換、サーフェースを結合してソリッドに変換といったぐあいだ。しかし、どうも、曲線のうちはポイント編集(通過点や制御点の変更)が可能だが、サーフェースにしたり、ソリッドにするとポイント編集ができないようだ。この辺りが、軟体に対して不得意である所以(ゆえん)だ。

 軟体オブジェクトを作る人にとって、よく使うのがRule機能Loft機能だろう。RuleLoftは、複数の曲線を通過する曲面を生成する機能だ。RuleとLoftの違いは、通過する曲面でカチっと折れるか、滑らかに曲がるかだ。例えば、以下のように3つの曲線に

Rule.gif (7755 バイト)

Ruleを適用すると

Rule2.gif (4769 バイト)

のように、歯磨き粉をいれるチューブのできあがり。Loftを適用すると

Loft.gif (10787 バイト)

このように、鳥の顔のようなオブジェクトができる。

とりあえずライター

と、いうわけでとりあえずライターを描いてみた。

Lighter1.gif (27011 バイト) 上面の金具は、複雑な縁だが、これは面を貼った後に、曲線でカット(SPRIT)、空気穴はも同様に、半円2つと直線2本を繋いで(JOIN)楕円を作り、その楕円でカット(SPRIT)、止め金具のへこみも同様+押し出し(EXTRUDE)でへこませた。火を付けるための回転する金具のギザギザは、円筒3つをブーリアン演算でADDし、三角柱を円筒の円に沿って配列(ARRAY)し、ブーリアン演算の差(SUBTRACT)した。

で、Rhinoでレンダリングした結果がこれだ。

Lighter2.gif (10090 バイト)

言い忘れたが、Rhinoのレンダラは非常に弱いので、実際には、別のレンダラが必須であろう。これはsPatchも同じだが。で、trueSpece2でレンダリングした結果がこれ。

Lighter3.gif (59043 バイト)

が、せっかく作った、ギザギザが金具の映り込みでいまいち良く見えないから、もう一枚。

Lighter4.gif (58047 バイト)

ちなみに、データコンバートは、RhinoでDXFで出力してtrueSpaceでインポートした。このライターは、たったこれだけで、13,000ポリゴンを使っている、DXFファイルは3.5Mbyteだ。

さいごに

 Rhinoは、今のところモデリング機能しかないようだ(簡単な、色付け、テクスチャは対応している)。オブジェクト同士の親子関係(多間接もの)や、アニメーションには対応していない、この辺も期待したいところだ。

 あと、このライター制作中に一度、Rhinoが落ちた。[Solid]-[Fillet to edge]コマンド実行中にだ。おかげでもう一度、作り直す羽目になった。Rhinoには、オートセーブ機能があるので、まず、[Tools][Setting][General][Autosave]をONにすることをお勧めする(間隔の時間も短めに!)。


[かみやんのたわごとへ戻る]