[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

Palmware開発に挑戦!(2)

さて、昨日に引き続きPalmware開発!。さて、準備は整ったし。あ、そうそう、昨日はツール類の紹介をしたけど、情報類を紹介していなかった。

情報類

PalmOSバイブル

Palmware開発者の聖書。3Com著/山田達司監修/オーパス・ワン訳、日経BP社 ISBN4-8222-8051-9 \7,800-+税。この本は、3Comからダウンロードできるマニュアル(http://palm.3com.com/devzone/docs.html)と内容は同じだがオンライン版は、英語な上、PDF形式なので使いにくい。英語はまだしも、PDFってのがいただけない。Acrobat Readerって全く持って読みにくい。しかも、ハイパーリンクが張っていない。html版もあるのだがなぜかパッケージ化されてなくてオンラインでしか読めない。常時接続の人には、使えるかもしれないが、一般には、この「PalmOSバイブル」を使った方が賢明。内容は、Palmware開発のための基礎知識とAPIリファレンス。これ一冊ですべてが足りる。が、初版のためか誤植が多いのが気になる。っていうか酷すぎだ。

GNU PILOT SDK TUTORIAL

gcc for PalmOSに付属のチュートリアル(gcctutor.doc)。Palmware開発の簡単な基礎知識、開発手順、コンパイルの仕方、デバッグの仕方(gdbの使い方)などが書いてある。gcc for PalmOSに付属のチュートリアルは英語だが、sodaさんがメールウェアとして、日本語に訳したものをhttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley/7074/で配布している。とても参考になる。このチュートリアルのサンプルソースは、アプリケーションを作るときの雛形にするといいだろう。俺は、このサンプルソースをアプリ開発の雛形にしている。

FAQ - Programming with the GNU Pilot SDK

gnupilotsdk.txtというファイル名でネット上に転がっている。gccでPalmwareを開発するに当たってのFAQ。とっても充実しているので大抵の問題はここに書いてある。ただし英語。俺も何度もこれに助けられた。

DA (Desk Accessory) の作り方メモ

DAを作りたいならこれは必ず読んでおくべき。寺田さんが作成した。http://home.earthlink.net/~terada/pilot/da_memo.txtから取得できる。DA開発の基礎知識とガイドラインが書いてある。

Fortune_DA

川島さんが開発したDAの標準的サンプル。ウインドウ外をタップすると終了したり、ウインドウをドラッグすることでウインドウの移動ができる機能がついている。俺は、このサンプルをDA開発の雛形にしている。このFortune_DAは、http://member.nifty.ne.jp/yamakado/da/から入手できる。

pilot-tech-ml

Palmware開発者が集まる日本最大のメーリングリスト。大抵のPalmware開発者はここを読んでいるといっていいでしょう。達人がいっぱいいる。http://www.pilot-jp.net/で入会できる。

で、何を作るか?

で、結局のところ何を作るかというと日本語入力支援ソフトだ。WorkPadを買ったときに思った「Graffitiは、思ったより疲れる」というWorkPadの最大の弱点を補うためだ。日本語入力支援ソフトとしては、POBoxmanaeHiraPa2Com-JIMなどが、そういったソフトを作るつもりだ。詳細は、明日(今日は、またタイタニックを観てしまったので時間がない。ひぃ)。


[かみやんのたわごとへ戻る]