[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

Palmware開発に挑戦!(3)

それは小さな思いつきだった

 「6つのハードキーだけで日本語入力は可能か?」、ふと、そんな思いがよぎったとき、俺は無性に笑えてきた。あまりに奇抜なので、天才的なひらめきなのかバカげた思いつきなのか紙一重といったところだったからだ。次の瞬間、ストローク数を考えていた。「ひらがなは50文字、6ボタンx2ストロークで36通り。うーん、収まりきらない。3ストロークか」。俺はため息をついた。ローマ字入力では、ひらがなは平均2ストローク、その1.5倍だ。。。
 でも、キーボードには、敵わないかもしれないが、Graffitiの2ストロークには勝てるかもしれない。Graffitiでは、急いで書いても分速40〜50文字(ひらがな)だ。ということは、1文字に1.2秒〜1.5秒もかかっていることになる。俺は、慌ててカバンから愛機WorkPad30Jを取り出し、ひたすらハードキーを連打した。「うーん、微妙だ」。ランダムに打鍵すれば1.2秒で3ストロークは可能だ。しかし、文字が割り当てられたキーとして3ストロークを入力しようとすると途端に遅くなる。果たして、熟練した時点でGraffitiを抜けるか。。。
 こうして、Graffitiより速いのか遅いのか確信の持てずグレーな気分のまま、開発に突入するのであった。

UR-HardKey

というわけで、まずは、「6つのハードキーによるIME」を作る。ま、初のPalmware開発なのであまり大きなソフトは止めたいし、ちょうどいいでしょう。ということで。で、IMEをいきなり作る前に、「速度測定ソフト」を作る。余りにも役に立たない場合は、その時点でIME開発はボツということになる。というわけで、「速度測定ソフト」が完成したら、みなさんガンガン練習して、いいスコアを出してください。m(_ _)m。分速50文字行ったら御の字かな。

で、入力方法は、以下のようにした。

キー 文字 キー 文字 キー 文字 キー 文字 キー 文字
111 あぁ 112 いぃ 113 うぅヴ 114 えぇ 115 おぉ
121 かがヵ 122 きぎ 123 くぐ 124 けげヶ 125 こご
131 さざ 132 しじ 133 すず 134 せぜ 135 そぞ
141 ただ 142 ちぢ 134 つづっ 144 てで 145 とど
151 152 135 154 155
211 はばぱ 212 ひびぴ 213 ふぶぷ 214 へべぺ 215 ほぼぽ
221 222 223 224 225
231 やゃ 232 (「『 233 ゆゅ 234 )」』 235 よょ
241 242 243 244 245
251 わゎ 252 っつづ 253 254 ー〜 255
F1 、! F2 。? F3 終了 F4 記号 F5 数字
3 BS 4 Space
変換
5 Return
濁/小

WorkPad.gif (8591 バイト)まず、キーに名前を左の図のようにつけた。表の意味だが、「キー」という項目の下に「111」とあるが、これは、「予定表」キーを3回打鍵するという意味だ。で、「文字」という、項目の下に「あぁ」とあるが、これは「111キー」を打鍵したとき「あ」が入力されるという意味だ。。「あぁ」のように2文字以上あるのは、「あ」と入力してから「小文字化or濁点化ボタン(5キー)」を押すことによって、「ぁ」に変換する。

たとえば、「かみやん」と入力する場合は、121-222-231-253と打鍵することになる。12ストロークだ。Graffitiだと"kamiyann"と書くので8ストロークだ。Graffitiの8ストロークとハードキーの12ストロークのどちらが速いかが問題だ。

あと、最も使うと思われるBSキー、変換キー、「濁/小」キーは、1ストロークにした。あと、日本語ではよく使う「、」と「。」は、2ストローク(F1キーとF2キー)にした。F4キー、F5キーは、「記号モード」と「数字モード」への切り替えだ。F3キーは、IMEの終了。

何度も何度もネリなおした仕様が上記だ。「日本語モード」の他に、「英字モード」、「数字モード」「記号モード」も作る予定だ。


[かみやんのたわごとへ戻る]