[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

UR-HardKeyDA難航中

 うーん、難しい。UR-HardKeyDAであるが、昨日言った通り対J-OS用のかな漢字変換部分の開発は止めて、WPJ用のかな漢字変換部分を開発しているのだが、なかなかうまく行かない。FEP(Front End Processer)をコントロールするAPIがほとんどないのが辛い。「現在、FEPがONになっているか?」ということすら分からない(誰か教えて)。「今、インライン変換中(実線のアンダーラインが表示されている状態)か?」ということも分からない。

 よく見ると、WPJ付属のソフトキーボードすら、動きがいまいちだ。例えば、ソフトキーボードのかなモードで入力するとき、FEPがOFFのまま入力すると変換できない。他にも、FEPのモードが「あ」のとき(ひらがなのとき)に、ソフトキーボードを立ち上げるとかな入力モード、「ア」のときに立ち上げるとカナ入力モード、FEPがOFFのときに立ち上げると英字入力モードで立ち上がるのが筋だろう。が、そうなっていない。この辺を見ていると、やはり「現在、FEPがONになっているか?」ということを調べるインターフェースが無いような気がする。

 「今、インライン変換中か?」というのは、システムグローバル変数を参照すれば、分かりそうだ。ということまでは分かっている。しかし、PalmOSバイブルには、グローバル変数に直接アクセスすべきではない、とある。開発用のPalmエミュレータもグローバル変数にアクセスすると、警告のダイアログボックスがでる。ちなみに、このシステムグローバル変数というのは、OSが管理している変数で他ののOSでは決して直接アクセスすることができない変数群だ。PalmOSには、MMU(memory management unit)がない。つまり、メモリ保護機能がないため、アプリケーションやDAがOSや他の起動中のアプリケーションや、ダイナミックリンクライブラリ(シェアードライブラリ)を簡単に破壊してしまう。他にも、ウインドウ構造体などに直接アクセスできたりと、かなり安全でないローレベルなOSの設計であることが分かる(まぁ、その分トリッキーなプログラムが作れるのだが)。

 話がそれたが、とにかく、PalmOSの日本語版を作った人!頼むからFEP関連のインターフェースを作ってくれ!!

みてみる?

 まぁ、まだ、ボロボロのバグだらけだが、みてみますか?興味のある方はどうぞ。一応、WPJとJ-OSのどちらでも動きます(どちらも結構ボロボロですが)。

download.jpg (3993 バイト)

ver.0.01 FileName:URHKD001.zip ZipFileSize:10K PrcFileSize:18K


このソフトを利用したことによる不利益は、当団体は一切責任を負いません。自己の責任でご利用ください。
このソフトはフリーソフトです。
このソフトは開発中のため、再配布を禁止します。


[かみやんのたわごとへ戻る]