[かみやんのたわごとへ戻る]


counter

英仏百年戦争の英雄

 相変わらず、ホームページの更新は遅れているな(^^;。

シックスセンス

SixthSense.jpg (4140 バイト) 「この映画のストーリーには『ある秘密』があります。映画をご覧になった皆様は、その秘密をまだご覧になっていない方には決してお話にならないようお願いします。」

といきなり、映画の冒頭でブルース・ウイリスと監督からのお願いがある。と言うわけで、ストーリーに関してはノーコメント。僕は見に行くまではホラー映画だと思っていたが、ホラー部分はそれほど恐くないので安心

この映画は、何と言っても子役のハーレイ・ジョエル・オスメントの演技が際立っている。オスメントはフォレストガンプで有名になったのね(俺はフォレストガンプを観ていないから知らないが)。彼は大物になるね。

アメリカではこの映画は、スターウォーズに次いで今年第2位の興行成績を上げているとか。あの俺の大好きなマトリックスを抜いているとは信じられん!でも、ちょっと泣いてしまった俺。4点。

梟の城

Fukuro.jpg (8150 バイト)ふくろうのしろ。中井貴一、鶴田真由、葉月里緒菜ら、主演の忍者映画。俺は、封切り当初に見に行ったのだが、館内はじいさん、ばあさんばっかりで一種異様な雰囲気だった(笑)。この映画は、今までの忍者映画のようなインチキ臭さはないし、ありがちな時代劇のようなチャンバラもない。ハリウッド映画のスナイパーや特殊部隊のような忍者は、かっこいい。特にオープニング早々の中井貴一の師匠が山を登るシーンはかっこいい

役者も気合いが入っている。葉月里緒菜は、忍者らしい体つきにするために毎日3キロメートルも泳いだという。まさにプロ根性。

 が、しかし、CGはいただけない。忍者のモーションにCGを使っているのだが、その忍者の動きはまるで虫のよう。モーションキャプチャを使って自然な動きにしたとCG担当は言っているが本気か?役者の動きとCGのモーションとあまりにも違って気持ち悪い。

 さらに、ストーリーが寒い。原作は司馬遼太郎となっているが、このストーリはいかがなものか。3点。

ジャンヌダルク

JoanOfArc.jpg (6996 バイト)あの名作「ニキータ」や「レオン」を作ったリュック・ベッソン監督の新作とあればみるしか!とにかくおもしろい!頼む!みんなみてくれ!

映画の前半の戦争のシーンは、俺は感動で体がブルブル震え、悲しくもないのに涙があふれた。映画の後半は館内は静まり返り、ラストは沈黙。。。

俺は、ジャンヌダルクに関する知識が少しあったので、ストーリは大体分かっていた。でも前半の迫力と後半のジャンヌダルクの心の動きの表現にうたれた。

もうこれ以上何も言わない。とにかく見てくれ!5点。

つぎは、何をみようかな。ブラットピットの新作ファイトクラブか、GTOか、ゴジラ2000か。。


[かみやんのたわごとへ戻る]